家事

男性が家事をしないなら、家事をなくす工夫をするべきという話

Hakase(@hakase_2929)です。

今日は男性が家事をしないなら、家事をなくす

工夫をするべきという話をします。

 

この記事をご覧になったということは、男性が家事に協力してくれないと、悩んでいる主婦の方が大半ではないでしょうか?

 

 

そんな方のために、まずは以下の動画を見ていただきたいです。

メンタリストのdaigoさんが、男性が家事をしない理由について、以下の動画で解説してくださっています👇

 

 

 

 

どうでしょうか?

女性の方はこの動画を見たら、結構イラつくと

思います。

私も朝から動画を見て、少しイラッとしました(笑)

 

 

私がこの動画を見て思ったのは、タイトルにある通り、男性が家事をしないなら、家事をなくす工夫をするということです。

もちろん説得して、男性に家事を手伝ってもらうこともできますが、それには限界があります。

 

そもそも家事は、人間がすべてやる必要があるのでしょうか?

時間をかけて作った手料理より、調理家電のほうが、はるかに簡単で美味しいということは、

現実に起こってしまっています。

 

掃除や洗濯も家電を導入すれば、とても簡単です。

以下で詳しく解説したいと思います。

 

 

 

時短家電のススメ

f:id:ishidayuna2000:20191021212951j:image

 

時短家電は以下の3つ+αで良いと思います。

 

①ドラム式洗濯乾燥機

②ロボット掃除機

③食洗機

+αとして調理家電

・ウォーターオーブン ヘルシオ

・ヘルシオホットクックor象印 煮込み自慢

 

 

 

①ドラム式洗濯乾燥機

 

f:id:ishidayuna2000:20191021213437j:image

 

時短家電の中では、1番費用がかかってしまいますが、個人的には1番手間が省けると思っています。

 

普通の洗濯機だと、洗濯物を干して取り込むという手間があります。そしてなにより、天気にいつも気にしなければなりません。

 

特に冬になって寒くなると、洗濯物が乾きづらくなってきます。

そういうことも考えると、今すぐにでも導入したほうが良さそうです。

 

価格.com ドラム式洗濯乾燥機👇

https://s.kakaku.com/search_results/%2583h%2583%2589%2583%2580%258E%25AE%2590%25F4%2591%25F3%258A%25A3%2591%2587%258B%2540/?category=0002%252C0048

 

 

②ロボット掃除機

f:id:ishidayuna2000:20191021213758j:image

 

時短家電の中では1番費用がかからず、1番始めに導入しやすいです。

掃除は後回しすればするほど、埃も溜まって面倒になるので、ロボット掃除機を使ってこまめに楽に掃除をしましょう。

 

 

 

掃除能力は10万円のルンバとほぼ同等でコスパは最強!

(家電批評 2019年 10月号より)

家電批評 2019年 10月号👇

 

 

 

 

 

③食洗機

f:id:ishidayuna2000:20191021214111j:image

 

料理をするのが好きな人でも、皿洗いが面倒くさい人は多いと思います。

また水や洗剤により、手荒れしている主婦の方も多いと思います。

工事不要タイプもあるので、賃貸の方にはとてもおすすめです。

 

 

 

 

+αとして調理家電

 

・ウォーターオーブン ヘルシオ

 

 

 

・ヘルシオホットクック

 

 

 

 

・象印 煮込み自慢

 

 

 

ヘルシオとホットクック、どちらを買えば良いか悩む方はこちら👇

 

ホットクックと煮込み自慢、どちらを買えば良いか悩み方はこちら👇

 

 

 

 

時短家電を買うか迷っている方に

 

時短家電はやはり高いですし、買うか迷う人も多いと思います。

そんな方におすすめの動画と、書籍を紹介します。

 

 

 

両学長さんの動画です。

他の動画も必見なので、是非見ていただきたいです👇

 

 

 

勝間和代さんの超ロジカル家事です。

家事だけではなく、収納、家計術、ファッション、健康管理についても、ロジカルに解説されています👇

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

勝間式超ロジカル家事 [ 勝間和代 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/11/4時点)

 

 

 

まとめ

日本人は、特に真面目な国民性なので、楽をするということに抵抗を感じるかもしれません。

 

家事は、女性がやらなければならないという発想は、はっきりいって古いです。

逆もまた然りで、男性だけが仕事をして、養わなければならないというのも、古いわけです。

 

時短家電で時間を浮かせて、2人で仕事をすれば、前よりは豊かになるはずです。

なにもフルタイムではなくて良いです。

あとは個人の考えなので、強制することはできないです。

 

ただ今どき専業主婦は必要ないと思います。

家事がまったくいらないと言いたいわけではなく、あくまで専業である必要はないということです。

 

時間はあっという間に過ぎてしまいます。

そして、決して時間を巻き戻すことができないです。

短期的に物事をみるのではなく、長期的に考えたら、自ずと答えは出るはずです。

この記事を見て、勇気ある一歩を踏み出せていただけたら幸いです。