法案

今知っておきたい水道民営化【海外では再公営化の事例も】

Hakase(@hakase_2929)です。

今回は、水道民営化について書いていきたいと思います。水は生活に密接に関係することです。なので、水道民営化について、是非知っていただきたいです。

水道民営化とは?

それでは、水道民営化とは何なのでしょうか?水道民営化について見ていくために、まず水道に関する法改正があったことを以下に引用します。

 

改正PFI法

 

1つは、改正PFI法が可決成立したこと。PFIとは、公共施設の建設、維持管理、運営を民間の資金、ノウハウ・技術を活用して行うもの。高速道路、空港、上下水道など料金徴収を伴う公共施設について、所有権を公に残したまま運営権を民間に売却できるコンセッション方式がよく知られる。(中略)(引用: 日本人は知らない「水道民営化の真実」フランスと英国で起きたこと)

1つ目は改正PFI法です。上下水道だけではなく、高速道路、空港などの公共施設にも適応される法案です。コンセッション方式を促進する法案です。

水道だけではなく、他の公共施設も民営化する可能性があるのです。

詳しくは、以下の内閣府の資料をご覧ください。

PFI法の改正(平成30年)

https://www8.cao.go.jp/pfi/hourei/kaisei/h30_pfihoukaisei.html

 

水道法改正案

もう1つは、水道法改正案が衆議院で可決されたこと(会期切れで継続審議)。水道法改正のおおまかな内容は、施設の老朽化や人口減少で、経営困難になった水道事業の基盤強化を進めるというものだが、審議中、問題視されたのはPFIの一手法であるコンセッションの導入について定められた第24条だった。(引用: 日本人は知らない「水道民営化の真実」フランスと英国で起きたこと)

2つ目は水道法改正案です。こちらもコンセッションの導入を促進する法案です。施設の老朽化や人口減少を理由に、水道法改正をするみたいですが、改正をする必要性は感じないです。

なぜなら、国がお金を出してあげれば済む話だからです。施設や人材に国が投資をするべきだと考えます。

詳しくは以下の資料をご覧ください。

水道法の改正について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/suishitsu/index_00001.html

水道の基盤強化に向けた水道法改正について

http://www.soumu.go.jp/main_content/000597195.pdf

以上の2つがあると言って、強制的に水道民営化をするわけではないですが、水道民営化しやすい状態になりました。実際に水道民営化をする判断は地方自治体が行い、すでに動き出しているところもあります。

コンセッション

以上の2つの法案は、コンセッションという仕組みを促進し、水道民営化を進めるものです。それでは、コンセッションについて見て見ましょう。

コンセッションの説明を以下に引用いたします。

利用料金の徴収を行う公共施設について、施設の所有権を公共主体が有したまま、施設の所有権を民間事業者に設定する方式です。(引用: 内閣府 コンセッション(公共施設等運営権)事業)

図にすると以下のような感じになります。

水道の施設を所有するのは、今まで通り公共で、運営するのは民間事業者が行います。水道がコンセッション方式を導入すれば、水ビジネスが生まれ、民間事業者の懐は潤うことになるでしょう。

以下の資料も是非ご覧ください。

コンセッション

https://www8.cao.go.jp/pfi/concession/concession_index.html

海外の事例

海外では、すでに水道民営化をしているところがあります。それではどのような状況なのかを見て見ましょう。

海外では、水道民営化で失敗していることが多いです。

「1兆円以上の売り上げと豊富な自己資金を持つ、フランスや英国などの水メジャーが参入したことで、ボリビア、フィリピンのマニラ、インドネシアのジャカルタ、米国のアトランタなどで、水道料金が2~5倍値上げされました。その上に、水質やサービスの低下が生じて、死者が出て訴訟問題に発展した地域もあります。そのため、2000年から2015年の間に世界37ヵ国で民営化されていた水道235ヵ所が再公営化(民から官へ)に戻りました」(引用: 水道民営化は世界でトラブル続出、日本は英国の成功例に学べ)

以上の文章を読めば、水道民営化をしたいと思わないと思います。海外では失敗した事例があるのに、それを今更進めようとしているのが、我が国日本なのです。

じゃあ水道民営化に失敗したなら、再公営化すれば良いのではないかと思いますが、そう簡単にはいきません。

なぜなら、民営化した水道が再公営化されてしまうと、民間事業者が困ってしまうのです。違約金として莫大な金額が請求され、それを住民が負担することになります。だから水道民営化を安易に決めてはなりません。

海外の水道事業における民間活用の状況等についての資料に、表3 海外における水道事業の再公営化等の事例及び水道法等における対応策という項目があります。

そこにはたくさんの事例があり、課題として以下のようなことが書いてあります。

水道料金の高騰等、要求水準書が不明 資産評価の不備、水道施設の管理運営レベルの低下(水質の悪化等)、約束された設備投資の不履行、民間事業者に対する監査・モニタリング体制の不備、違約金の支払い(訴訟等を含む)(引用: 海外の水道事業における民間活用の状況等について 表3 海外における水道事業の再公営化等の事例及び水道法等における対応策)

一応対応策は考えているみたいですが、以上のようなデメリットがある中で、水道民営化を進めるのは危険だと思います。特に水質が悪化すれば、今まで日本では当たり前のように、水が飲めていたのに、飲めなくなるということにもなりかねません。

以下の記事も是非ご覧ください。

水道民営化は世界でトラブル続出、日本は英国の成功例に学べ

https://diamond.jp/articles/-/183019

【水道法】民営化、欧米でも失敗続きー安倍政権が水道事業を売り飛ばす暴挙、海外企業とも癒着

https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20181206-00106702/

 

海外の水道事業における民間活用の状況等について

https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000508885.pdf

水道民営化に対する地方自治体の対応

では、水道民営化に対して、地方自治体はどのように対応しているのでしょうか?賛成している地方自治体、反対している地方自治体があるようです。

賛成する地方自治体

賛成している地方自治体は、宮城県、大阪市、名古屋市のようです。特に宮城県は、「みやぎ型管理運営方式」というのを進めようとしています。

運営の一部分を、県ではなく民間に任せる運営方式のようです。令和3年度中の事業開始を目指すみたいです。

以下の記事も是非ご覧ください。

特集1/これからも安全・安心な水をお届けするために 「みやぎ型管理運営方式」ってなに?(みやぎ県政だより令和元年9月・10月号)

https://www.pref.miyagi.jp/site/kenseidayori/kensei-2019-09-special01.html

大阪市 水道

https://www.city.osaka.lg.jp/shiseikaikakushitsu/page/0000224849.html

 

反対する地方自治体

反対している地方自治体は、福井県、神戸市、青森市、秋田市、長野県、九州10市です。意外にたくさんの地方自治体が、水道民営化を反対しています。

こういう地方自治体がたくさん増えてほしいと思いました。

以下の記事も是非ご覧ください。

水道民営化検討せず 九州10市 災害対応、高騰懸念

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/553072.amp

水道民営化 賛成する自治体、反対する自治体

https://news.yahoo.co.jp/byline/hashimotojunji/20181211-00107296/

まとめ

命の水がビジネスの道具となろうとしています。水道民営化で最終的に困るのは、利用者である住民です。

水道民営化に関する法律は可決されてしまいましたが、諦めるのはまだ早いです。地方自治体に水道民営化をしないよう、意見を訴えるべきなのです。

以下の本も是非読んでみてください。水道民営化の話は1番はじめのほうに書いてあります。

日本が売られる

https://www.amazon.co.jp/dp/4344985184

 

P.S. 以下の記事や動画も参考になるので、是非ご覧ください。

日本人は知らない「水道民営化の真実」

https://gamp.ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12402295212.html

日本人は知らない「水道民営化の真実」フランスと英国で起きたこと

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56865?_gl=1*5es2k4*_ga*TzJWbjQxOEk4dDRUSGpkVVliemtPWFlrclc1Wjh0VUYxWU9LcWRLSVYyREVfNzUzTzFRQ2ZMTmdLdXBPRnQ2Rg..

 

全てがわかる!背筋も凍る!騙されるな!!水道民営化は笑えない売国法案だった

三橋TV第28回【水道民営化で日本を滅ぼす売国奴たち】